浜教授!アホノミクスより、アスノミクスですよ

アベノミクスについて、一緒に討論しませんか?

日本の明日を考えた、アスノミクス長期投資を

渋澤 なかには「株価がどこかまで下がるのを楽しみにしています」とおっしゃる投資家もいて、これは立派。ちゃんと長期投資のコツを掴んでいらっしゃる。

藤野 投資をファッションのように捉えている人は、投資には向きませんね。

コツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(中)、コモンズ投信会長渋澤健さん(右)

中野 やっぱり長期投資は大事だということですね。継続するのは確かに大変ですが、続けた人が最後は笑えるのだと思います。株価の上がり下がりで右往左往しても、何の得もない。たとえアベノミクスがうまく行かなかったとしても、成長源泉をしっかり持っている企業は成長します。それをしっかり見極めて投資しているファンドには、注目したいところです。

渋澤 投資は日本の未来を創る。

藤野 そう。「アホノミクス」などと揶揄しているヒマがあったら、明るい未来を築くための長期投資をきちっと行うべきでしょう。さしずめ、これを「アスノミクス」と名付けてはどうでしょうか。

中野 あ、それいいですね。

渋澤 では近々、「アホノミクスvsアスノミクス」と題した対談を企画しましょう。公開でもいいと思いますよ。

藤野 本気?

中野 もちろんですよ。浜矩子さん(=同志社大学教授)、いかがでしょうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT