浜教授!アホノミクスより、アスノミクスですよ

アベノミクスについて、一緒に討論しませんか?

異次元の政策は、まさにこれから

藤野 やりますよ。きっと。外国人投資家の中には、雇用特区のような話を期待している人たちもいるようですけど、そんなものは比較にならないくらい、スケールの大きな、まさに異次元ともいうべき政策が打ち出されてくるはずですよ。

渋澤具体的には?

藤野 渋澤さんがおっしゃった労働法の大改革なんて、そのひとつですよね。雇用維持よりも、雇用の流動化を重視した政策とかね。あとは無利子国債の発行。

渋澤 無利子国債ってことは・・・・・・。

藤野利子は付かないけれども、無利子国債を購入した人が亡くなった時、それを相続するのに相続税がかからないとかね。このスキームが実現すれば、喜んで国債を買う人が出てくるから、政府としては資金調達が容易になる。金利も払わなくて良い。恐らく、高齢者を中心に積極的に買う人が出てくるはずで、そのお金はやがて子供への富の移転につながってくる。

渋澤それは面白いね。

中野 ところで、今回の株価下落で皆さんが運用しているファンドへの影響って、何かありましたか。

藤野 解約が増えた。しかも、損をした状態での解約ですよ。

中野 それはもったいない。

藤野5月の上旬から中旬にかけて、株価が大きく上昇した時に買った投資家が、今回の急落場面で投げ売りしたんですね。メディアに左右されている典型例だと思います。これは本当にもったいない。あと半年、1年くらい待てれば、損をした状態での解約は免れたかも知れないのに、我慢できないんですね。これは、日本の投資信託の最大の問題点だと思います。

次ページやっぱり大切な長期保有の視点
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT