日産はなぜ「ららぽーと」でクルマを売るのか

ロードサイドの大型店で売る時代は終わった

「ららぽーと湘南平塚」に出店したディーラーは、日産初のテナント店舗だ(記者撮影)

10月6日に開業したばかりのショッピングモール「ららぽーと湘南平塚」。施設の1階には「モンベル」や「スノーピーク」などアウトドア用品店やフルーツジュースの専門店が並ぶ中、唐突に目に飛び込んでくるのが、車のディーラーだ。ここは日産自動車が新たに設けた販売店である。

「車を見てもらうには、ディーラーで座って待っていてはダメ。お客様のいるところに出ていくしかない」

日産が商業施設の中に販売店を開設したのは初めてのこと。同社で国内営業を担当する星野朝子専務執行役員は、自社商品と顧客との接点を増やす必要性を強調する。日産が目指したのは幹線道路沿いにある既存の販売店とは対照的に、買い物のついでに気軽に立ち寄れる「敷居の低い」店だ。

敷居の低さでファミリー層を狙う

日産ディーラーの隣には、フルーツジュース専門店が並ぶ(記者撮影)

ソフトバンクのヒト型ロボット「ペッパー」が入口で出迎え、店の奥には子どもが遊べるスペースもある。今後は周囲のアウトドア用品店との共同展示など、大型商業施設のテナントとしての強みを生かす考えだ。

店舗には常時2~3台の車を置く。運営は地元の販売会社、日産サティオ湘南が担い、3~4人の販売員が常駐する。既存店の多くは営業時間が夜7時までだが、ここでは入居するららぽーとに合わせて夜9時まで営業し利便性を高めている。

なぜ日産は新たなタイプの店舗をららぽーとに出店したのか。1つには「ららぽーとのターゲット顧客層が日産の顧客層とも重なった」(運営主体の三井不動産)ことが大きい。ららぽーと湘南平塚が狙う20代~40代は、半径10km圏内の人口のうち4割を占める。

日産側にしても、たとえば新型ミニバンの「セレナ」では発売から1か月の受注で、30代と40代の購入者が全体の6割以上を占めている。主力商品であるミニバンはファミリー層に人気が高く、子育て世代の買い物客が多いららぽーとはうってつけの場所ともいえる。

次ページ日産が参考にした”お手本”
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT