日産はなぜ「ららぽーと」でクルマを売るのか

ロードサイドの大型店で売る時代は終わった

「ららぽーと湘南平塚」に出店したディーラーは、日産初のテナント店舗だ(記者撮影)

10月6日に開業したばかりのショッピングモール「ららぽーと湘南平塚」。施設の1階には「モンベル」や「スノーピーク」などアウトドア用品店やフルーツジュースの専門店が並ぶ中、唐突に目に飛び込んでくるのが、車のディーラーだ。ここは日産自動車が新たに設けた販売店である。

「車を見てもらうには、ディーラーで座って待っていてはダメ。お客様のいるところに出ていくしかない」

日産が商業施設の中に販売店を開設したのは初めてのこと。同社で国内営業を担当する星野朝子専務執行役員は、自社商品と顧客との接点を増やす必要性を強調する。日産が目指したのは幹線道路沿いにある既存の販売店とは対照的に、買い物のついでに気軽に立ち寄れる「敷居の低い」店だ。

敷居の低さでファミリー層を狙う

日産ディーラーの隣には、フルーツジュース専門店が並ぶ(記者撮影)

ソフトバンクのヒト型ロボット「ペッパー」が入口で出迎え、店の奥には子どもが遊べるスペースもある。今後は周囲のアウトドア用品店との共同展示など、大型商業施設のテナントとしての強みを生かす考えだ。

店舗には常時2~3台の車を置く。運営は地元の販売会社、日産サティオ湘南が担い、3~4人の販売員が常駐する。既存店の多くは営業時間が夜7時までだが、ここでは入居するららぽーとに合わせて夜9時まで営業し利便性を高めている。

なぜ日産は新たなタイプの店舗をららぽーとに出店したのか。1つには「ららぽーとのターゲット顧客層が日産の顧客層とも重なった」(運営主体の三井不動産)ことが大きい。ららぽーと湘南平塚が狙う20代~40代は、半径10km圏内の人口のうち4割を占める。

日産側にしても、たとえば新型ミニバンの「セレナ」では発売から1か月の受注で、30代と40代の購入者が全体の6割以上を占めている。主力商品であるミニバンはファミリー層に人気が高く、子育て世代の買い物客が多いららぽーとはうってつけの場所ともいえる。

次ページ日産が参考にした”お手本”
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT