50歳以上だけ採る社長が説く「人生の変え方」 5つの基準で考えれば、いつでもやり直せる

印刷
A
A

初めての経験なので、私は社長に素朴な疑問をぶつけた。

:「若手がいない会社にご訪問するのは初めてです」

社長:「そうでしょう。ほかにはあまりないと思います」

:「なぜ若手がいないのでしょうか?」

社長:「簡単ですよ。採用していないからです」

:「採用していない?」

社長:「そうです。ウチでは50歳以上の人しか採用しません」

常識的には考えられない会社だ。採用といえば、どの会社も若手をほしがるのが普通だからだ。私は経営者にその理由を尋ねた。

社長:「不思議ですか? 普通に考えればそうですよね。でも、採用には年齢以外にもちょっとした基準があります」

:「どんな基準ですか?」

社長:「人生を変えたい、という人だけを採用しています」

人生を変えたい、とはまた大仰な話だ。この経営者は何を考えているのだろうか。私はその真意を確かめたかった。

人生を変えるのは、誰でも、いつでもできる

:「50歳以上で、かつ人生を変えたい人、ということですよね? 変わっていますね……」

社長:「そうでしょう。普通は『人生を変えたいなら、若いうちにやらないといけない』と言われていますから。でも、人生を変えるのは、誰でも、いつでもできます」

:「ぜひ、そのお話、もう少し聞かせていただけないですか?」

社長は快く引き受けてくれたが、私はまだ半信半疑だった。

社長:「私は社員にいつも言っているんです。人生を変えるには、ほんの少しのことを知るだけでいいと」

:「はい……」

社長:「1つ目、人生を変えるのは、一発逆転の出来事ではなく、ささいな日常の習慣です。『続けること』そのものに価値があります。

たとえば、『早起きをする』でも、『通勤時間に必ず本を読む』でもいい。仕事も同じです。『電話を毎日10本する』でも、『お客さんにこころを込めてメールを書く』でも、なんでもいいです。とにかく、小さい習慣から人生は変わります」

:「でも、大きくは変わらない気もしますが……」

次ページ実績が人生を変える第一歩
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT