50歳以上だけ採る社長が説く「人生の変え方」

5つの基準で考えれば、いつでもやり直せる

いつでも人生を変えることはできます(写真:よっし / PIXTA)
「仕事がうまくいきません、どうしたら楽しくなるでしょう」
「やりたい仕事ができていません。どうすべきでしょう」
私は仕事について書いたブログ「Books&Apps」を始めてから、そのような相談を数多く受ける。
マスメディアや本、ネットには「偉大な成功者たち」のエピソードが数多く並んでいる。私もかつてはそのような方々にあこがれを持ち、情報に飛びついた。しかし、長く働くうち、「偉大な成功者たち」に関するエピソードよりも、身のまわりにいる、普通の人々に学ぶことのほうがはるかに多いこともわかった。
だから、私の紹介する話は普通の方々が悩んで出した結論や、必ずしも成功とは言えない体験談、現場での素直な感想などである。だがむしろ、実際に仕事で悩む方々には、このような一般の人々の話のほうがわかりやすく、有用な場合もあるのではないだろうか。
一度に大きな変化を起こすことは誰にもできない。何かを成し遂げようとするならば、それなりの準備や時間をかけて物事に取り組む必要がある。この連載の目的は、そのような方々の一助となることである。

ほとんどの社員が50歳以上

「子どもの頃から勉強して、いい学校に入って、いい企業に就職すると、一生安泰だよ」という人は現在でも多い。

もちろん、頑張って勉強することは良いことだが、なかには「若いときに頑張らないと取り返しがつかない」という方もいる。

そのような話を聞くと、私はある人のエピソードを思い出す。

私は以前、ほとんどの社員が50歳以上、という会社に訪問したことがある。社長はすでに65歳を超えており、役員も軒並み60歳以上、普段、20代、30代の方が多い企業ばかりに訪問していた私としては、まったく異質の会社だった。

次ページ社長に素朴な疑問をぶつけた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT