デキない男はメール「即レス」に拘りすぎる

デキる人は与える印象の「強烈さ」を重んじる

名刺に“I’m CEO, Bitch”と書いたザッカーバーグ

最近は、社外での個人活動のために自分専用の名刺を作る人が増えてきました。私は今まで、沢山のデキる人からこの「専用名刺」をいただいてきましたが、改めて並べてみると、その特徴は大きく2種類に分類できるようです。

①思わず「二度見」させる名刺

「え?!○○っていったい?」と名刺を二度見させるくらい、肩書きやキャッチフレーズがシンプルで意外性のある名刺を作っています。究極の二度見名刺と言えば、Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグの初期の名刺が有名です。そこには、“I’m CEO, Bitch”(俺が経営者だ、ざまあみろ!)と書いてありました。世の中を変えていく経営者としての、本人のキャラクターが強烈に印象に残ります。

②手書き名刺

あえて印刷せず、一枚一枚手書きの名刺。これはある女性起業家から聞いた話です。主婦をしていた彼女が思い立って起業した際、自己紹介の時に名刺というものが必要だと知り、見よう見まねでハガキを名刺サイズに切り分け、名前と住所を書いて渡していたそうです。それがかえって、本人の人となりや思いの強さを相手の記憶に強烈に刻むことになります。

本当にデキるひとのコミュニケーションは、一つひとつに迫力を感じます。ある女性が残した言葉と同じことを、いつも念頭に置いているからかも知れません。

よい第一印象を作るチャンスは二度とないわ ~ココ・シャネル

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT