「契約理論」はわれわれの身近で役立っている

2016年ノーベル経済学賞2人の重要な業績

とりわけ重要な応用分野はコーポレートファイナンスだろう。ハートの1995年の講義録も後半は「金融構造を理解する」と名付けられており,公開企業の資金調達方法および議決権構造の決定や企業の破産に際して誰が何を得るか、破産企業をどうするかなどの問題が論じられている。また、企業を政府と置きかえれば、中央と地方、官僚と政治家間のパワーの配分、そしてより一般的に政府組織や投票制度のあり方への応用となる。

契約や制度の目的を理解する

現代の契約理論で標準的となっている分析枠組みの多くは、ハートとホルムストロームによって(彼らの共著者とともに)開発されてきたものである。契約理論はもともと現実に観察される制度の特徴を理解しインセンティブの問題を解消することを目標として発展してきた。その基礎にある分析枠組みを創りあげたハートとホルムストローム自身も同様である。紹介してきた彼らの学術論文や業績の多くは数学的、抽象的なものだが、そこで生み出された理論が広範な分野への応用の花を咲かせてきた。

現実にみられる契約や制度には問題に対処することを目的に設計されたものが多くあることをよく理解すれば、制度の下で新たな問題が発生したとき、性急に制度を捨て去ったり、変更したりすることに慎重でなければならないことがわかる。その制度が防いでいて表面に現れてこなかった問題を再び目覚めさせる可能性があるからだ。ハートとホルムストロームが貢献してきた契約理論のもっとも大切なメッセージである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT