松下幸之助「経営者は遊んではいけない」

経営の神様が問わず語りに語ったこと

新しい商品を作りたい、そうほんまに考えるんやったら、他人に素直に教えを請う、尋ねる、訊く、指導を仰ぐ、謙虚に耳を傾けるということも出来るわな。経営のやり方、進め方も、どうしたら一番うまくいく方法なのか、その方法も考え出されてくる。

だから、経営がうまくいかん、どうも発展しないということであれば、翻(ひるがえ)って、ほんまの情熱、素直な熱意を、わがからだのなかに持っておるのかどうか、社長たる人は考えてみる必要があるな。熱心にやっておりますと言うけど、それが、ほんまもんかどうか、そこに尽きるわな。そやろ、商売を成功させたい、経営をうまく発展させたいという、燃えるような情熱があれば、おのずとそのときどきにおける成功の知恵が見つかるもんや。

正しい情熱があるかどうかで判断してきた

わしは人材を起用するときに、原則としては、その人のいろいろな能力よりも、その人に熱意があるかどうか、からだにみなぎるほどの、正しい情熱があるかどうかを、見て判断してきたな。そして大抵の場合、成功したな。

能力なんていうのは、だれでも大概は、そう差があるもんではない。だれでも同じようなもんや。だから人を起用するときに、能力からすれば、だいたい60点ぐらいもあれば、十分やね。あとは、その人の情熱でいくらでも伸びる。それが、能力はあるけれども熱意がない、熱意が不十分だということになれば、そういう人を、いくら起用してもだめやな。

それにな、熱心に社長がやっておる、朝も晩も、ときには休みの日も、身を粉にして社長が仕事に取り組んでおれば、従業員諸君も、ああ、うちの社長は、えらい熱心に一生懸命に仕事に取り組んでいる、情熱をもって、この会社のこと、われわれのことを考えてやってくれておる、ということになる。そうなれば、社員の人たちも、それでは社長、私たちも、熱意をさらに持って、私たちの仕事に取り組みましょう、ともどもに会社を発展させましょうということになる。社長が熱心な姿を見せれば社員の人たちも熱心になる。大将が進軍する先頭に立って、懸命な姿を部下に見せておれば、部下も大将と同じような気分になって、戦(いくさ)に臨むということになる。

けど、先頭は行くけど、馬上で大将がコックリ、コックリ居眠りしとる、居眠りまでせんでも、本当の熱心さが感じられないようでは、部下も、緊張してピーンとはりつめる気分というものは出せんわな。居眠りしとるのは、後ろからでもようわかる。本当の熱意がないというのも、ようわかる。熱意があれば、必ず事業は成功するな。けど、尋常一様な熱意ではあかんで。きっとこの会社を発展させよう、自分の命を賭(か)けて、発展させようという、からだごとの、正しい熱意でないとな。そういう社長でないと、会社は発展しないということやね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT