松下幸之助「経営者は遊んではいけない」

経営の神様が問わず語りに語ったこと

新しい商品を作りたい、そうほんまに考えるんやったら、他人に素直に教えを請う、尋ねる、訊く、指導を仰ぐ、謙虚に耳を傾けるということも出来るわな。経営のやり方、進め方も、どうしたら一番うまくいく方法なのか、その方法も考え出されてくる。

だから、経営がうまくいかん、どうも発展しないということであれば、翻(ひるがえ)って、ほんまの情熱、素直な熱意を、わがからだのなかに持っておるのかどうか、社長たる人は考えてみる必要があるな。熱心にやっておりますと言うけど、それが、ほんまもんかどうか、そこに尽きるわな。そやろ、商売を成功させたい、経営をうまく発展させたいという、燃えるような情熱があれば、おのずとそのときどきにおける成功の知恵が見つかるもんや。

正しい情熱があるかどうかで判断してきた

わしは人材を起用するときに、原則としては、その人のいろいろな能力よりも、その人に熱意があるかどうか、からだにみなぎるほどの、正しい情熱があるかどうかを、見て判断してきたな。そして大抵の場合、成功したな。

能力なんていうのは、だれでも大概は、そう差があるもんではない。だれでも同じようなもんや。だから人を起用するときに、能力からすれば、だいたい60点ぐらいもあれば、十分やね。あとは、その人の情熱でいくらでも伸びる。それが、能力はあるけれども熱意がない、熱意が不十分だということになれば、そういう人を、いくら起用してもだめやな。

それにな、熱心に社長がやっておる、朝も晩も、ときには休みの日も、身を粉にして社長が仕事に取り組んでおれば、従業員諸君も、ああ、うちの社長は、えらい熱心に一生懸命に仕事に取り組んでいる、情熱をもって、この会社のこと、われわれのことを考えてやってくれておる、ということになる。そうなれば、社員の人たちも、それでは社長、私たちも、熱意をさらに持って、私たちの仕事に取り組みましょう、ともどもに会社を発展させましょうということになる。社長が熱心な姿を見せれば社員の人たちも熱心になる。大将が進軍する先頭に立って、懸命な姿を部下に見せておれば、部下も大将と同じような気分になって、戦(いくさ)に臨むということになる。

けど、先頭は行くけど、馬上で大将がコックリ、コックリ居眠りしとる、居眠りまでせんでも、本当の熱心さが感じられないようでは、部下も、緊張してピーンとはりつめる気分というものは出せんわな。居眠りしとるのは、後ろからでもようわかる。本当の熱意がないというのも、ようわかる。熱意があれば、必ず事業は成功するな。けど、尋常一様な熱意ではあかんで。きっとこの会社を発展させよう、自分の命を賭(か)けて、発展させようという、からだごとの、正しい熱意でないとな。そういう社長でないと、会社は発展しないということやね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT