「下町ロケット」バスツアーは何がスゴイのか

ロケ現場の会社は現実世界でも熱かった

「佃製作所」の撮影が行われた桂川精螺製作所の正面玄関前で、記念撮影するツアー参加者たち

昨年10~12月にTBS系列で放送されたドラマ「下町ロケット」。全10話のうち3話が視聴率20%の大台を超え、幅広い世代から人気を集めた。

はとバスで定期観光部長を務める永野正則さんも、そんな下町ロケットファンの1人だ。ドラマを見ていて、ある考えがひらめいた。「佃製作所のロケ現場を訪問するツアー商品を作ろう」。昨年11月中旬のことである。

ロケ現場は大田区に実在するメーカー

最近のはとバスは、個人では行けない場所を訪問するツアーでヒットを連発している。ドラマに登場する「佃製作所」はもちろん架空の会社だが、東京都大田区に実在する部品メーカー・桂川精螺(せいら)製作所で撮影されていた。人気ドラマのロケ現場を見学するツアー商品を作ったら、希望者が殺到するに違いない。

翌朝、永野さんから指示を受けた部下の中嶋俊彰さんは、頭を抱えた。「お客様を受け入れてもらえるのかなあ」。とはいえ、中嶋さんいわく、永野さんは「小学生がそのまま大人になったような人」。言い出したら聞かない。とりあえず桂川精螺にアポイントを取って、永野さんと2人で商品化の打診に出向いた。

断られても粘り強く説得するのが営業マンの仕事。一発でオーケーとはならないだろうと中嶋さんは覚悟していた。ところが、応対に出た執行役員の大嶌達士郎さんは「大田区のモノづくりを広く知っていただきたい。お受けします」。あっさりとオーケーが出た。

さっそく、食事やほかの訪問先も決めて、ツアー商品を作り上げた。タイトルは「下町チャチャチャ!モノづくり町工場とB級グルメ」。「下町ロケット」とはどこにも書いていないが、「ホームページに掲載された写真を見れば、ファンなら下町ロケットの佃製作所だとすぐにわかるはず」(永野さん)。

次ページ熱すぎる参加者たちの熱気
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT