「下町ロケット」バスツアーは何がスゴイのか

ロケ現場の会社は現実世界でも熱かった

「佃製作所」の撮影が行われた桂川精螺製作所の正面玄関前で、記念撮影するツアー参加者たち

昨年10~12月にTBS系列で放送されたドラマ「下町ロケット」。全10話のうち3話が視聴率20%の大台を超え、幅広い世代から人気を集めた。

はとバスで定期観光部長を務める永野正則さんも、そんな下町ロケットファンの1人だ。ドラマを見ていて、ある考えがひらめいた。「佃製作所のロケ現場を訪問するツアー商品を作ろう」。昨年11月中旬のことである。

ロケ現場は大田区に実在するメーカー

最近のはとバスは、個人では行けない場所を訪問するツアーでヒットを連発している。ドラマに登場する「佃製作所」はもちろん架空の会社だが、東京都大田区に実在する部品メーカー・桂川精螺(せいら)製作所で撮影されていた。人気ドラマのロケ現場を見学するツアー商品を作ったら、希望者が殺到するに違いない。

翌朝、永野さんから指示を受けた部下の中嶋俊彰さんは、頭を抱えた。「お客様を受け入れてもらえるのかなあ」。とはいえ、中嶋さんいわく、永野さんは「小学生がそのまま大人になったような人」。言い出したら聞かない。とりあえず桂川精螺にアポイントを取って、永野さんと2人で商品化の打診に出向いた。

断られても粘り強く説得するのが営業マンの仕事。一発でオーケーとはならないだろうと中嶋さんは覚悟していた。ところが、応対に出た執行役員の大嶌達士郎さんは「大田区のモノづくりを広く知っていただきたい。お受けします」。あっさりとオーケーが出た。

さっそく、食事やほかの訪問先も決めて、ツアー商品を作り上げた。タイトルは「下町チャチャチャ!モノづくり町工場とB級グルメ」。「下町ロケット」とはどこにも書いていないが、「ホームページに掲載された写真を見れば、ファンなら下町ロケットの佃製作所だとすぐにわかるはず」(永野さん)。

次ページ熱すぎる参加者たちの熱気
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。