「下町ロケット」バスツアーは何がスゴイのか

ロケ現場の会社は現実世界でも熱かった

画像を拡大
2階にある食堂。佃社長が全社員を前に熱く語った場所だ

「私どもは大田区の町工場であることに誇りを持っていますから、原作どおり大田区という設定にしていただくようお願いしました」

この願いはすぐに受け入れられた。蒲田駅近くの居酒屋でもロケが行われるなど、ドラマの世界観で「大田区」がきちんと描かれる結果となった。

撮影は、会社の業務がない毎週の土日に行われた。大嶌さんは朝5時から夜中の2時まで撮影に立ち会った。「これじゃあ身がもたない」と最初は思った。「でも、スタッフや俳優さんの情熱を見ているうちに慣れました」。

第3弾以降はどうなる?

佃社長や山崎技術開発部長が行き来していた作業現場

トリビアも教えてもらった。ドラマを注意深く見ていると、桂川精螺の文字が見つかることがたまにあるという。

桂川精螺は昭和13年(1938年)設立の精密部品メーカー。自動車部品メーカーにネジなどの部品を納める2次サプライヤーだ。自動車に使われる部品が売り上げの8割近くになるという。本社のほかに、静岡県掛川市や中国・上海にも工場がある。

自動車部品は金型の製作に大変なコストがかかる。そのため、大量に生産されるものでないと採算的には厳しい。とはいえ、景気の波に左右されない経営体質を築くためには、高付加価値製品の開発も課題となる。「佃製作所のように最先端のものをやっていかないといけませんね」と、大嶌さんは言う。

桂川精螺製作所を見学した後は、蒲田名物「羽根付きギョウザ」の昼食をとり、参加者が実際にモノづくりを体験できる施設へ。その後は、地元住民の憩いの場である「蒲田温泉」で汗を流した。ツアーが終わる頃には、参加者全員が佃製作所の社員であるかのような一体感が生まれていた。

このツアーは23日にも行われる。「さらに続ける予定はあるのか」。こんな質問を投げかけたところ、中嶋さんは「可能性はありますが、永田部長のことですから、まったく違ったツアーを考えているかもしれません」。次はどんなツアーで参加者を楽しませてくれるのか。興味津々だ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT