ショートゴロに隠された、栗山巧のすごみ 月間MVPプレーヤーの目標達成力

印刷
A
A

「あのショートゴロは狙いどおりです」

翌日の試合前、“ドヤ顔”の栗山が言った。明治神宮外苑の室内練習場からクラブハウスまでを歩きながら、満足気な表情で狙いを明かしていく。

「犠牲フライを打ちにいったら、もしフライの距離が足りなかった場合、点が入らないでしょ? あのケースで最悪なのは、点が入らないこと。もし1、2打席目で感じがよく、自信の持てる打席だったら、もちろんヒットを狙いにいきます。僕の打席の前にショート、セカンドが守備位置を下げました。だからセカンドゴロならツーアウトになっても1点入り、セカンドランナーもサードに進めますけど、今の僕の状態を考えれば、ショートゴロで1点がいちばん堅いんじゃないかな、と」

この試合を打率3割4分6厘で迎えた栗山は、1打席目はバットを1度も振らずに四球で出塁。2打席目は外角低めのストレートをショートゴロに倒れた。相手先発の村中恭兵に対し、タイミングが合っていないと感じていた。

そして迎えた3打席目。初球は真ん中高めのスライダーでストライクを取られる。その時点で、確実に同点にしようという考えが強くなった。

「初球はスライダーで先手を取られたから、バッテリーからしたら次は何でも投げられる状態になってしまった。本当はセカンドゴロのほうがよかったんですけど、バットの面を作って打てるのはショートゴロ。どの球種でも打てるのはショートゴロでした」

結果、内角のストレートを狙いどおりにショートへ。この一打で同点に追いついた西武は、続くホセ・オーティズがセンター前タイムリーで逆転に成功する。この回の2点が決め手となり、4対3でヤクルトを下して連敗を4で止めた。

「原点に戻ります」

今季開幕直後、栗山に2013年の目標を尋ねたことがある。昨季までは1、2番を任されることが多かったが、3番として期待される今季は、何を見据えて打席に立っていくのか。栗山は「難しい表現になりますよ」と前置きしたうえで、話し始めた。

「自分にできることは変わらないと言っても、打順の役割としてフリーで打っていい場面が多くなります。1、2番のときとは、役割が違いますね。だから原点に戻ります。初球からストレートに合わせて、しっかり振っていく。もちろん、あらゆることを頭に入れてのことですよ。3番になって戸惑う部分は、フリーでどうやって打つのか。だからストレートに合わせて、強く振っていく。その中で打球方向や角度など、4、5月になれば数字が出てくるから、目標を見つけていけばいい。何も考えないと言うと少し変な表現ですけど、そんなのはデビューしたとき以来ですね。自分を試せるし、レベルアップを果たすにはこれ以上ないですよね」

次ページ出塁率はリーグトップ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT