転職でバレる「どの職場でも二流の人」の末路

「仕事人生から転落」するのは、こんな人です

転職によってバレる二流の人の欠点とは?(写真:lightwavemedia / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、アマゾンでも4日連続で総合1位を獲得するなど、早くも19万部を超える異例の大ベストセラーとなっている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々を、『最強の働き方』を再編集しながら紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

「転職で転落する人」は何がダメか?

ムーギー・キム氏が2年半かけて書き下ろした「働き方」の教科書。一流の「基本」「自己管理」「心構え」「リーダーシップ」「自己実現」すべてが、この1冊で学べます。書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

「うわー、今度はあの会社が、”業界のジョーカー”を雇ってしまったんか……」

世界中の職場で働いていてよく目にするのは、面接はうまいが実力がまるでない二流の人を、転職先の企業が”間違って”雇ってしまうケースである。

詳しいエピソードは後述するが、一般にエリート業界と呼ばれる外資系金融の世界でも「業界のババ抜き」と陰で呼ばれているような「二流以下の人」は少なからず実在する。

そういう人は、どの会社に行ってもうだつが上がらず、自分の二流さがバレる前に、転職を繰り返したりする。

転職も一事が万事で、学歴や頭の良さとは関係ない。本当に仕事ができる「仕事のIQ」が高いかどうかは、転職によって如実にあらわれるものだ。

大事な点は、仕事がデキない二流の人は総じて、たとえ転職をせずに会社に残ったとしても、出世はしないし、たいして成果を残せないということである。

では、いったい二流の人のどんな欠点が、転職によってバレるのか? 二流のビジネスパーソンたちはどのように「キャリア選択の失敗」を連発し、「キャリアの階段」をどんぐりコロコロ転げ落ちていくのか? 「それはそれは恥ずかしい二流の転職」について、さっそく紹介したいと思う。

次ページ「業界のババ抜き」みたいな人もいる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT