転職でバレる「どの職場でも二流の人」の末路

「仕事人生から転落」するのは、こんな人です

二流の転職でまずバレるのは、その人の「主体性のなさ」である。

向いていないのに世間体で「エリート」を目指す人たち

この連載の一覧はこちら

【1】「自信と主体性のなさ」がバレる

やれ「一部上場の大企業か、地元の母親でも知っている著名企業がいい」とか、やれ「学校の同窓会で威張れる一流企業で、できれば横文字で頭よさそうと思われる外資系の会社がいい」などという、「きわめて本質から離れた外形的な理由」で仕事を選んでいる人は、一目散に二流街道まっしぐらである。

こんな「外形的な基準」でしか転職できない人は総じて自分に自信がなく、自己紹介するときに自分の出身校しか「自分を認められるもの」がなかったりする。

そういう人に限って、「将来、人生で何を成し遂げたいか」「自分にとって大切な価値は何か」「自分が楽しいこと、得意なことは何か」という自己分析など二の次、三の次だ。この二流の人たちにとっては、「自分が何を達成したか」「何を達成しようとしているか」より「どの組織に所属しているか」が大切なのである。

ちなみに三流すぎる人になると、パソコンの検索履歴に「就活偏差値」「転職偏差値」「企業偏差値」など、それはそれは恥ずかしいキーワードが乱舞していたりする。

大学受験のみならず、社会に出ても「他人が決めた軸」でランキング付けされた「むなしい偏差値」の上下で自分のキャリアを選択する情けない”エリート“たち。彼らは、キャリア選択でも「主体性のない」恥ずかしい人々の典型だろう。

自分がどのような基準で転職先を選んでいるかで、「自分の価値観への自信と主体性」の有無がバレると肝に銘じてほしい。

【2】「実力のなさ」がバレる

次に転職でバレるのが、自分が有言実行できる人物かどうか、つまり「口先に実力が伴っているか」どうかである。

二流のエリートの特徴として、「面接だけはめちゃくちゃうまいが、いざ雇うと、えらくガッカリで全員を失望させる」という点が挙げられる。

口先だけの二流の人は、面接のときだけいかにも問題意識が深く、意識が高く、行動力が旺盛で信頼できる印象を与える。

しかしいざ働くと、そもそも学習能力がなく、これまでの経験や人脈の切り売りだけでしか貢献ができない。そして、自分が簡単にできないことは、部下にすべてを押し付ける、内実は「働かない二流のおじさん・おばさん」というケースも少なくないのだ。

そういう人に限って、自分の二流さが社内にバレたタイミングを見計らって、また張り切って転職活動を再開する。

古巣の会社としても、「できれば揉めずに平和に出て行ってほしい」と思っているので、彼ないし彼女の転職活動には大変協力的である。

結果的に、「次はあの会社がだまされて雇ってしまった!」という、もはや「業界のババ抜き」みたいになっている二流のエリートが存在するのだ。

次ページ「人脈のなさ」もバレる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。