スマホ時間をより有益にする「3つのヒント」

チリツモだからこそ、使い方を変えたい

スマホの使い方を見直してみませんか?(写真:Ushico / PIXTA)
毎日毎日、スマホ漬けになっていませんか? 今や現代人にとってなくてはならないアイテムですが、長時間使うだけに、一歩間違えると途方もなく時間を無駄にしてしまってるということも……。
逆にいえば、スマホの使い方を見直せば、その人の人生は加速度的に変わるほどのインパクトがあります。
世界各国の成功者と交流し、大規模なイベントなどを数多くプロデュースしてきたコンサルタントの小山竜央氏(新刊『スマホの5分で人生は変わる』がある)に、日々のスマホ時間を有益にする、使い方のポイントを聞きます。

私は仕事柄、世界各地のたくさんの成功者と接する機会がありますが、彼らにとってもスマホが日常的に欠かせないツールであることは変わりありません。

皆さんと同じスマホを、同じように隙間時間に使っている彼らですが、よく見ているとその使い方はもちろん、トップページのアプリ自体が、一般の人たちとはけっこう異なっているのです。

毎日、長時間を費やすスマホ時間。だからこそ、その使い方に気を配るだけで、いつの間にか差がつく、ということが十分にありえます。ちょっと極端に聞こえるかもしれませんが、私はスマホの使い方を変えるだけで、人生を変えることができる、そのくらい重要なことととらえているのです。

目標を繰り返し見るのに有効な「lino」

lino

1日の中で私がいちばん開くお気に入りのアプリは、付箋・メモアプリのlinoです。トップページで最もアクセスしやすい右下に置いて、隙間時間があればまずこれを見るのが習慣になっています。

次ページビジョンボードツールとして活用
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。