スマホ時間をより有益にする「3つのヒント」

チリツモだからこそ、使い方を変えたい

また、夢だけでなく、「夜は12時までに寝る」「目指せ! 720時間 英語の勉強」「タバコをやめる」「月に5冊は本を読む」など、あなたが実現させたい行動習慣なども効果的です。具体的な数字を入れておくと、見直したときに、リマインダーとして機能し役立ちます。個人的には1日3回見ることをおすすめします。

多くの成功者は睡眠に気を使っている

成功者がこだわる「環境づくり」のための睡眠アプリ「Sleep Science」

Sleep Science

睡眠を整えることも非常に重要です。多くの成功者は、意外なほど睡眠に気を使っています。

その点でオススメしたいのが、Sleep Scienceというアプリ。これで自分の睡眠状態を最適化するようにしています。

このアプリは睡眠の状態を的確にモニタリングできるだけではなく、さまざまな自然の音を使って心地よく起こしてくれる機能があるので、重宝しています。また私にとって最適な睡眠時間は7.5時間なので、アプリを使ってこの目標値を維持するように心掛けています。

忙しくなると睡眠時間を削ったり、不規則な時間に眠ったりする人も多いですが、成功者たちは概ね7時間半~8時間の睡眠をきちんととっているものです。これによって、彼らは最高のパフォーマンスを発揮できることを知っているのです。

最高の状態で1日をスタートさせる「Sworkit パーソナルトレーナー」

Sworkit パーソナルトレーナー

朝に行うサーキットトレーニングもおすすめです。サーキットトレーニングとは、心拍トレーニングと筋肉トレーニングを凝縮して行うことにより、4分~7分ほどの運動で、1時間のトレーニングに匹敵するとされている最先端の運動理論です。

朝に4~7分のサーキットトレーニングをやるだけで、脳も身体も最強に目覚め、肺活量や筋力がアップし、「今日、調子いいかも」と思う日が増えます。習慣化すれば、その良さがもっと実感できます。

そこでおすすめなのが「Sworkit パーソナルトレーナー」というアプリ。これはひとつのアプリで、有酸素運動、筋肉トレーニング、ストレッチといった複合的なトレーニングを行うことができ、自分用にオリジナルのトレーニングも構築できるので、非常に費用対効果が高いアプリといえます。

次ページおカネの管理ならこれ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT