JR、メトロ、東急…使える「鉄道アプリ」は?

運行・駅情報から混み具合、遅延証明書まで

鉄道の利用を便利にするアプリが充実しつつある(写真:Graphs / PIXTA)

最近、鉄道各社が運行情報や駅の案内のためのスマートフォンアプリを提供する例が増えている。東京メトロやJR東日本、東急のアプリは列車位置情報まで表示され、その他の会社でも、遅延や運休などの列車の運行情報を提供している会社(京王、名鉄、JR西日本)もあれば、おでかけに参考になるアプリを作っている会社(小田急、阪急)もある。

では、東京メトロやJR東日本、東急はアプリでどのような機能を提供しているのだろうか。各社のアプリの機能を比較し、実際にインストールした上で試してみた。

遅延証明書もアプリで

東京メトロのアプリは、東京山手線内で働く、あるいは東京メトロの利用が多い人には必須のアプリだろう。運行情報や列車走行位置、乗換案内、時刻表、遅延証明書、駅構内図、乗換出口案内、駅周辺案内といった情報がアプリの機能としてある。運行情報や時刻表は列車に乗る上で基本となる情報であり、駅構内図は複雑な東京メトロの駅で迷わず歩くために役に立つ。乗換出口案内はどの車両に乗れば効率よく乗換できるかがわかる。

そして、運行情報と同時に大事なのが列車位置情報である。駅に発車時刻が掲示してあっても、次の列車はいつごろくるのか、いまどのあたりを走っているのか。そんな情報を、リアルタイムではないけれども1~2分程度遅れて表示してくれるのがこの機能である。また、遅延証明書の機能は、駅で証明書をもらうのに並ばなくていいのが便利だ。

次ページ車内の温度もわかるJRアプリ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT