西武、「完全デジタル広告」車両投入のワケ

山手線が断念した中吊り広告廃止を来春実現

デジタルサイネージの搭載で中吊り広告をなくした西武の新型車両40000系(写真提供:西武鉄道)

JR山手線の新型車両では見送られた、デジタルサイネージによる「中吊り広告デジタル化」がついに実現する。西武鉄道が9月8日に第一陣の完成を発表した来春デビュー予定の新型車両「40000系」に導入され、紙の広告も残るものの、中吊り広告は廃止される。

40000系の導入は2015年の夏に発表された。座席の向きを長手方向のロングシートと、2人がけのクロスシートの両方に変換できる「ロング・クロスシート転換車両」となることや、ベビーカーなどの利用に便利な空間「パートナーゾーン」の設置などが注目されていたが、デジタルサイネージによる中吊り広告の廃止が明らかになったのは今回が初めてだ。

1両に最大16面のサイネージ

西武の新型車両40000系の外観(写真提供:西武鉄道)

西武によると、40000系の車内にはドア上のほか、線路と直角方向となる通路上に17インチ液晶ディスプレイを2つ並べたデジタルサイネージを1両あたり12~16面、10両編成で計156面搭載。停車駅などの案内に加え、ニュースや天気予報などの放映にも対応する。

同社は車内のデジタルサイネージを「Smileビジョン」と名付けており、現時点での最新型車両である30000系と、地下鉄乗り入れ対応車両の6000系に搭載している。いずれもドア上に設置しているが、40000系ではこれが一気に増えることになる。

次ページデジタル広告に力を入れる西武
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT