あなたのクールビズ、女性はココを見ている

陥りがちな「勘違いクールビズ」とは?

男性上司C「僕はね、かなりクールビズを意識していて、それなりにシャツもズボンも考えているんだけど、何かこう女性部下の視線が痛くてね。気のせいならいいんだけど……。太田さん、お手柔らかにお願いしますね」

「女性部下の視線が痛い?」。そうなんです。たしかに一見、ノーネクタイでもパリッとして見えるボタンダウンシャツに、ズボンはチノパンという、誰がコーディネートしてもすっきりと清潔にみえるお手本みたいなファッションなのですが、女性部下はシャツとパンツのコーディネートだけを見ているのではないのですよ。

まずベルトです。このいわゆる「おじさんブランド」ロゴがレリーフになっているバックルはいただけません。しかもどこでも自由に留められるようにピンのないタイプのもの。これをダサいと言わず何をダサいと言いましょう。クールビズでは、スーツのときにはそれほど気にならないベルトのデザインなども目立ちます。厳重な注意が必要です。さらにこの方、ベルトは黒なのに、靴は茶色。本来はベルトと靴の素材は合わせるべきなのですが、せめて色くらいは同じにしていただきたいと思います。ちなみに最近ではベルトと時計のベルトを合わせる上級コーディネートもあるそうです。

無理に若作りをしない

男性上司C「そこまで見られているとは思わなかったな。じゃベルトをもっと若い感じにして……」

それ、減点発言です。ブランドロゴのバックルも厳しいですが、若者がジーパンにしているような太いベルトはもっとNGです。もちろん鋲がついていたり穴が2列にたくさん空いているようなベルトは、笑いを誘えますがいただけません。

それともうひとつ、最大のNGポイントは、ズボンの履き方が驚くほどハイウエストになっているということです。お店で丈を合わせてもらったはずなのに、なぜかハイウエストで履いてしまうため、股下もぱっつぱつ。靴下も見えちゃってる。本人は気づいていないことも多いのですが、周囲にはかなりみっともなく映ります。また靴についても「味があるのとボロボロなのは違う」「いい腕時計買う余裕があるなら、もっといい靴買ってよ!」という意見があったことも付け加えておきたいと思います。気をつけてくださいね。

次ページシンプルイズベスト!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT