日本は豪州と引き分け、W杯アジア最終予選

4試合を終えてB組3位

 10月11日、サッカーの2018年W杯アジア最終予選、B組の日本はメルボルンでオーストラリアと1─1で引き分けた。原口元気が先制ゴール(2016年 ロイター/David Gray)

[メルボルン 11日 ロイター] - サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選は11日、各地で第4戦を行い、B組の日本はメルボルンでオーストラリアと1─1で引き分けた。

日本は前半5分に原口元気のゴールで先制。しかし後半にその原口のファウルから相手にPKを献上。これを決められて同点に追いつかれた。

バヒド・ハリルホジッチ監督は試合後の会見で、「後悔はしていない。少しフラストレーションはあるが、戦術の準備をしっかりして、フィジカル状態を管理し、選手は素晴らしい試合をしてくれた」と述べた。

そのほかイラクはタイを4─0で下し、サウジアラビアはアラブ首長国連邦(UAE)に3─0で勝利した。

4試合を終えてサウジアラビアが勝ち点10の首位。オーストラリアが同8、日本が同7、UAEが6で続く。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。