サッカー欧州選手権、「乱闘続出」の異常事態

ロシアのサポーターが暴徒化している

「ダーイシュ(IS)貴様はどこだ」いつもは静かなマルセイユ旧市街の夜、乱暴狼藉をはたらいたフーリガンたちに催涙弾が飛ぶ(写真:ロイター/アフロ)

サポーター同士の大乱闘で35人が負傷、鉄棒で頭を殴られ重体の男性も――。欧州で4年に1度開かれる「サッカー欧州選手権(ユーロ2016)」が思わぬトラブルに巻き込まれている。

この連載の一覧はこちら

この乱闘は6月11日(現地時間)にフランス南部の港町・マルセイユで行われたイングランド対ロシアの観戦に訪れたサポーターたちによって引き起こされた。この騒ぎは試合の2日前から勃発し、警察当局が催涙弾や高圧放水砲を使って騒ぎを鎮圧する事態となった。

相手サポーターに襲われた、というイングランドのサポーターは「ロシアの連中は、われわれを襲撃するために四方八方から攻めて来た。ここから早く立ち去らねばと思った瞬間、後ろからビール瓶で頭を殴られた」と糾弾する。「彼らはサッカーを見に来たのではなく、暴力行為を仕掛けに来たのではないか」。

プロ級のロシア人犯罪集団が関与も

見出しは「暴力行為が再発したら、イングランドとロシアは大会から追放」

騒ぎはスタジアムの中にまで持ち込まれた。試合はイングランドが先制、その後ロスタイムに入ってロシアが同点に追いつき、1対1で終えるという結果となった。

ところがこのロシアの同点ゴールが決まる直前の後半37分、スタンドで大きな爆発音が鳴り響き、その直後にはロシアのサポーターたちが、双方のチームのファンを隔てる柵を乗り越え、イングランドサポーターに襲いかかるという前代未聞のトラブルが起きた。

次ページロシアサッカー連盟に罰金
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT