政策を工夫すれば「分断社会」の解消は可能だ

今必要なのは、「みんなが幸せになれる政策」

「みんなで助け合うとあなたも得をしますよ」という社会に変えたい

井手:いまの日本では「私」を使う人が多くて「私たち」という言葉が弱い。若い子はほとんど「私たち」なんて使わない。僕は、自分の幸せだけではなくて、それをみんなの幸せと結びつけて考えたほうがいいと思うんです。誰もが家族の幸せを考えますが、「国家」つまり「国の家」という単位で一つの家族のような存在と思えれば、今までの世の中と違う考えになれると思うんです。

つまり、自分が得をするとみんなが得をするし、みんなが得をすると自分も得をする、そんな可能性をもっと考えていいと思うんです。

木本:自己の利益が、他者の利益につながる「プラスの連鎖」ですね。

井手:みんなが家族のように生きていくと、自分が得をするような、win-winの仕組みを考えるんです。そうすると自分が幸せになることで、それが全体に回ってみんなが得をする。

木本:そういう発想で社会が作り変えられるといいですよね。

「みんなで助け合うとあなたも得をしますよ」

上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

井手:「みんなのために生きなさい」と言われるとしんどいです。だから、「みんなで助け合うとあなたも得をしますよ」という発想が大事なんです。

木本:その考え方に賛同しますが、本気の目標にしないといけないと思うんです。思想とか理想として提案するだけだと、「それは理想型でしょ」と言われて、片隅におかれたままになってしまう。

井手:そのとおり。「正義」として語るのはよくないんです。学者も左翼も、リベラルも「みんなのために生きていくことは正義だ」「困っている人を助けるのは正義だ」と語ってしまうから、嫌われてしまう。「正義」を語って政策を作る、これほど恩着せがましいものはない。僕は「私も、あなたも、私たち国民全体がもっと幸せになるからやりませんか」というメッセージを発信したいんです。問題はその具体的な中身ですよね。

(構成:高杉公秀、撮影:梅谷秀司)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。