次世代DVD戦争 勝者なき結末の予感

本格的な普及を前にして見えてきた最悪シナリオ

それでも両陣営が米国で必死に普及を急ぐのには訳がある。現行のDVDを見ても、録画再生機と映画ソフトの双方において、米国は突出した世界最大の市場だ。ここでの勝負に敗れると、巨大市場を取りこぼすことになる。意地でも落とせない最重要地域なのだ。

そして、戦況はここにきて混迷の度を深めている。ソフトの累計販売本数ではBD陣営が大きくリードしているものの、10月末時点でのハード普及台数はほぼ拮抗(ゲーム機を除く)。しかも、東芝を中心とするHD DVD陣営は今夏、米大手映画会社パラマウントとドリームワークスの規格支持を取り付け、見劣りしていた映画会社の陣容がBD陣営とほぼ互角になった。米国での覇権争いは長期化の様相を呈しており、今後も身を削るような価格競争が続くのは必至だ。

日本の電機業界は次世代DVDの開発に10年近くの歳月を費やし、「薄型テレビと並ぶ成長の牽引役になる」と大きな期待を寄せてきた。しかし、主戦場の米国で早くも勃発した壮絶な安売り合戦。「本格的な普及期を迎える前に価格下落だけが進み、どちらが勝っても、日本の電機メーカーは誰も儲からない。そんな最悪のシナリオすら現実味を帯びてきた」と、ある電機担当アナリストは指摘する。100ドルを切る激安の次世代DVD再生機の出現は、勝者なき「悲しい結末」を暗示しているようにも見える。

(書き手:渡辺清治、山田雄一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?