キプロス支援で合意も先が見えない欧州危機

欧州の危機は何も解決していない

欧州の抱える基本的な問題は何一つ解決していない。そう感じさせたのが、小国キプロスの金融支援問題だった。

人口80万、GDP178億ユーロの小国だが、問題は経済が金融業に依存しており、バブル崩壊で多額の不良債権を抱えたことだった。キプロス銀行やライキ銀行はギリシャ国債を大量に保有しており、ギリシャに債務免除を行った時点で、危機は予想されていた。すでに2012年6月にはEU(欧州連合)に支援を要請していたが、たなざらし状態が続いた。

背景にはロシアとの関係がある。ロシアの富裕層にとって、キプロスは欧州投資の窓口であり別荘地でもある。ロシア政府も支援を行っている中、EUはロシアのマネーロンダリングの温床になっているとの疑惑から支援に及び腰だった。

次ページ預金封鎖にペイオフ実施
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。