キプロス支援で合意も先が見えない欧州危機

欧州の危機は何も解決していない

預金封鎖にペイオフ実施

キプロスの資金ショートが迫る中、3月16日にEU・ユーロ圏財務相グループとキプロス政府が合意した当初案は、EUがキプロスに最大100億ユーロの支援を行う代わりに、すべての銀行預金に課税を行う(税収58億ユーロを見込む)という過激なもので、金融市場にとってはネガティブサプライズとなった。

通常の破綻処理において株主、劣後債権者の順に負担を負い、シニア債権者は最後というルールを無視したこの案は、キプロスの議会で否決。ECB(欧州中央銀行)は緊急の資金支援を3月25日まで続けるとし、それ以降の打ち切りを示唆して、解決を迫った。

結局、26日にEU、ECB、IMF(国際通貨基金)のトロイカ体制とユーロ圏財務相グループはキプロスとの間で、新たな再建案で合意に達したが、それも市場から見ればネガティブな内容だった。

すなわち、預金保険で保護される10万ユーロを超える預金口座は守られず、ペイオフが実施される。株主・劣後債権者の負担では賄い切れず、シニア債権者も負担を強いられることになった。しかも、16日からは預金封鎖に踏み切っていた。28日にようやく銀行は再開されたが、引き出し額は1日300ユーロを上限とし、送金も制限された。

「キプロスの銀行再編はテンプレート(雛形)になる」とのダイセルブルーム・ユーログループ議長の発言に市場が敏感に反応。慌てて「キプロスは特殊な例」と打ち消す一幕もあった。

銀行業のウエートの高い小国スロベニアが注目され、銀行が多額の不良債権を抱えているとみられているスペイン、イタリアなどで取り付け騒ぎが起きると予想されたが、大きな混乱は今のところ見られない。

次ページ銀行の資本不足が問題
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT