ゴルフは18ホールでなくてもいいじゃないか

「時短」の工夫でゴルフはもっと楽しくなる

「時短」でいえば、先日ゴルフ場関係者と飲んでいて、こんな話を聞いた。「自由な時間にハーフ(9ホール)ラウンドできるようになれば、ゴルフ場の入場者も増えるかもしれない」という。

ネットでゴルフ場予約サイトなどを見てみると、ハーフラウンドをできるコースもあるがまだ少なく、しかもその多くが「早朝(日の出とともに)」「薄暮(日没になったらごめんなさいで終わり)」の時間帯になっている。仕事前にちょっと回りたい、仕事が終わってから回って一杯やろう、などのニーズがあるのだろう。

ただ、それは仕事がある人、主に男性の都合を重視している設定といえそうだ。リゾート地や温泉周辺のゴルフ場では、観光客をターゲットにしているのか、10時、11時といった時間帯からハーフラウンドできる設定もある。ホテルをチェックアウトして2時間ほど遊んで、次の目的地へという流れなのだろう。

子育て中の女性が気軽にプレーできる時間帯

ゴルフ場が近くにあってゴルフの心得のある子育て中の主婦が、子供が学校に行っている間にママ友とハーフラウンド、なんていうことができれば楽しくはないだろうか。

ゴルフ場としては、受付や、18ホールをプレーする人とのスタートの割り振り、レストランなど業務が煩雑になるデメリットも多いかもしれない。会員制のゴルフ場が多いため、会員の理解なども難しいところもある。ただ、ゴルフ場利用者が減少している中、家庭に収まってしまった「元ゴルファー」の女性に、子育て中でもゴルフに復帰してもらえる環境ができたら、ゴルフ場にも、ゴルフ界にもメリットがありそうだ。ゴルフ界を支えてきた団塊世代が年齢を重ねるごとに18ホール回るのがつらくなってきたときにも、気軽にハーフラウンドできる環境があれば、クラブを(やめるために)置くことを遅らせてくれるかもしれない。

次ページウィスキーと18ホール
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT