ゴルフは18ホールでなくてもいいじゃないか

「時短」の工夫でゴルフはもっと楽しくなる

「ハーフラウンドできないか」という話を以前にも聞いた。昨年のゴルフサミット会議でも初心者のための9ホールプレーの促進が提案された。日本ゴルフビジネスフォーラムで大学の授業としてのゴルフが取り上げられた際にも、ほとんどが初心者の学生の金銭的、時間的負担を軽くするハーフプレー、もっといえば「3ホールでも、5ホールでもいい」とホールを区切っての利用も提案された。

ゴルフ場のレイアウト、安全性などで対応には難しい面はあるが、千葉県には6ホールを区切りに回れるゴルフ場もある。中学、高校の授業でもゴルフを取り入れてもらいたい今、できるゴルフ場があれば試してみる価値はないだろうか。ここまでいったら「1ホールいくら」といった料金設定もできるかもしれない。いまのハーフラウンドはそのゴルフ場の1ラウンドの半額程度、3000円台~5000円台といったところが多い。

どんな形でもプレーできることが大切

もちろん、ゴルフの醍醐味は18ホール回って自分がどんなプレーをできるかで、そのスコアを目標にしていくので、18ホールは基準になる。ただ、生涯スポーツ、新規ゴルファーの創出、高齢ゴルファーの引き留めなどから見れば、どんな形でもゴルフをやってもらうことも重要だろう。

ゴルフが1ラウンド18ホールになったのには諸説あり、もともとはいろいろなホール数のゴルフ場があったという。日本初のゴルフ場の神戸ゴルフ倶楽部も正式開場前は4ホールで始まった。個人的には、以前紹介したが、ゴルフ発祥のスコットランドで聞いた「寒さを和らげるためにスコッチウイスキーを入れたフラスコを1ホールで一口ずつ飲むと18ホールでちょうどなくなる」という話が好きなのだが。

競技としては18ホールなり、その倍数や区入りで成立するのが公平だが、なぜ4日間なり3日間競技なのか、明確な理由はない。スポーツとして楽しむには、1ラウンド18ホールにこだわらなくてもいいのではないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT