34歳独身商社マンがハマった「危険な癒し」

東京カレンダー「新・婚活事情」<1>

一筋縄ではいかない、現代の婚活
東京都内のハイスペックな男女たち。大都会東京で生き抜く彼らの恋愛感、そして結婚観は、一体どのようなものなのだろうか?
人生を左右すると言っても過言ではない、結婚という制度。特に都会では、そんな結婚に対するハードルが年々高くなっている。一筋縄ではいかない、現代の婚活。他人から見れば羨ましい限りの人生を送る都会人の、結婚に対する価値観、その裏に潜む闇、リアルな実情を覗きたくはないだろうか?
東京砂漠の婚活市場最前線に迫った東京カレンダーの人気連載をご紹介する。

34歳の商社マン、華々しさとは程遠い虚しさとは?

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

はじめまして、僕、太一と言います。今年34歳になります。はい、独身です。結婚の予定もありません。生まれは東京文京区、高校から私立で、エスカレーターで某私大入学、新卒で某商社に入社しました。

まず一言言いたいんですけど、商社マンって、エリートだって崇められることもあれば、実は大して稼いでもないのに調子に乗るなとか、何かとネタにされやすい職種なんですよ。だから、あまり大袈裟に書いたりしないでくださいね。

商社マン商社マンって、世間では色々言われますけど、実際僕の生活は本当に寂しくて、地味なものですよ。

仕事は普通にかなり忙しいです。平日は朝から晩まで働いて、送別会やら歓迎会やらもしょっちゅうあり、グッタリしています。お食事会やデート? そんなの、しばらくしていません。彼女なんて、もう6年もいませんよ。

次ページそもそも周りはほとんど結婚していて
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。