34歳独身商社マンがハマった「危険な癒し」

東京カレンダー「新・婚活事情」<1>

そしたら、幹事だった女友達に、「ねぇ、彼女、太一くんに好感はあるみたいだけど、結婚願望あり過ぎて気持ち悪いって言ってたよ。理想の結婚生活ばかり話すのは控えたら?」なんて言われたんです。ショックでしたね。僕は真剣にアプローチしてたつもりなのに。気持ち悪いって。もう、女性の口説き方も、最近は分からないです。

そんな経験もあって、何だか女性が少し恐いとも思います。いや、本当恐いですよ。最近はSNSでみんな繋がってるし、facebookで共通の知り合いに外銀の男がいたりすると、あぁ、遊んでるのかな、なんて思いますし。変なところで繋がってる女性も嫌じゃないですか、本当。

だからやっぱり、20代の頃と違って、男も欲にただ流されるでもなく、あれこれと深いこといろいろ考えちゃって、やっぱり、疲れちゃうんですよね。

そんな時間があるんだったら、家で一人でゆっくり日頃の疲れを癒やして、何か為になる本を読んだ方がいいなぁ、なんて、最近は思うんです。何か、全体的に人生に疲れちゃってるんです、たぶん。

人と会うのも疲れるんですけど、一人で居過ぎても、やっぱり疲れるんですね。

「疲れた」を連発する商社マン

でも、これでも僕は、今まで一生懸命生きてきたつもりです。

商社に入社したのだって、自分なり仕事への考えがあったからです。安定性や人気に固執したわけじゃありません。実際、大学時代の友人たちは外資系に行ったり、医者や弁護士になった奴らも多いです。商社マンの中でも、独立して経営者になってる奴だっています。その中で僕が商社を選んだのには、それなりの理由があって、安易でミーハーな理由じゃないんですよ。

特に仕事は真面目にやってきたつもりなんですけど、でも、僕はもしかしたら、「人生」という意味では、乗り遅れちゃったんでしょうか。みんな、いつの間にやら結婚、出産って、人生を上手く築いてるんですよね。僕だって慎重に人生を進めてきたつもりなのに、結婚に関してばかりは、どうも慎重になり過ぎたのかもしれません。

次ページ会うと心が軽くなる癒やしの存在
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT