34歳独身商社マンがハマった「危険な癒し」

東京カレンダー「新・婚活事情」<1>

商社マンはモテるだろとか、やっぱりよく言われますけど、東京にはもっと戦闘能力の高い男たちもゴロゴロいるんで、そうでもないですよ。それに30歳もだいぶ過ぎれば、お食事会なんかの誘いもガクンと減りますね。そもそも周りはほとんど結婚していて、子供もいます。

たまに後輩に誘われてお食事会に顔を出してみても、後輩たちは先輩の僕に気を遣うっていうか、そういう空気が虚しくて、こっちもまた気を遣って、結局全部奢ることになって、「太一さん、誰か気になる子いました?」なんて言われても、素直に後輩たちに「あの子がいい」なんて、恥ずかしくて言えないじゃないですか。何か惨めで、そういうのも疲れちゃいました。

とはいえ、同年代の友人たちはほとんどが既婚なので、少し前までは後輩とよく遊んだり飲んだりしてたんですよ。お食事会や夏のイベントにもよく行ったし、BBQとか、あとホームパーティも。でも、若い奴らのノリについて行くのは、それなりの体力と気力がいるし、20代の女性たちと過ごすのも、何だか結局、すごく疲れるんです。

もちろん、時々仲良くなった女性はいますよ。でも、2人で食事なんかに行っても、異様に気を遣ってしまって全然安らげなかったり、食事のマナーや立ち振る舞いが気になったり、正直、マイナス面にばかり目が行ってしまうんです。

友人はそんな僕のことを「引き算方式オトコ」なんて言いますけど、いや、年齢が年齢なので、僕だって次に付き合う女性は結婚相手だと思ってますから。自然と女性を見る目が厳しくなるのは当然だと思いませんか?

会社のブランド力に食いつく女性も嫌だし、「ふぅん、商社マンね」なんて上から見下す港区女子はもっと嫌だ。僕は、優しくて、別に美人じゃなくてもそこそこ綺麗で、それなりのマナーを心得てる、ごく普通の女性でいいんですけど、普通の人って、なかなかいないんですよね。

「気持ち悪い」と言われた苦い過去

そうだ、嫌な事を思い出しました。

2年くらい前ですけど、久しぶりに、いいな、と思った子がいたんです。某大手損害保険会社に勤めていて、めちゃくちゃ可愛くて女らしくて、結婚には理想のタイプの女性でした。お食事会で出会って、僕、積極的にデートに誘ったりして、彼女の反応も悪くなくて、上手くいってると思ってたんすよ。

次ページ計画的に進めてきた人生。しかし結婚だけは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT