光速の日経平均1万4000円台到達はあるか

異次元の金融緩和がもたらす日本株独歩高

日本の株式市場は“異次元金融緩和”の効力が保たれているようだ。前週末5日の米国株式市場は、雇用統計の内容が失望されてNYダウ、ナスダックともやや軟調だったが、為替市場で主要通貨に対して円安が進んだこともあり、8日の日経平均株価は大幅続伸。4年8カ月ぶりの高値水準である1万3192円で引けた。

ただこれまでのパターンであれば、8日は利益確定売りの日だったはずだ。下値メドとされる25日移動平均線との乖離率は6.9%に達した。年明け以降、同線との乖離率が5~7%に拡大すると、その後は利益確定売りに押されて短期的な調整が起こってきた。可能性という点では、比較的大きめの下落は、目先いつ起きてもおかしくはない。

次ページ異次元の金融緩和がもたらす帰結とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。