なぜフランス人は「イスラム水着」を嫌うのか

テロを受け西側価値観の押し付けが強まった

こうした考え方は、イスラム教には人権に反する要素があるという20世紀末から強まっている風潮を反映している。女性や同性愛者の平等は古代から続く西洋の伝統的な考え方であり、異教徒の偏見から守られるべきだと言わんばかりだ。

またヴァルス仏首相は、フランス共和国のシンボル「マリアンヌ」に倣って、胸をあらわにするのが同国の自由のシンボルだと発言した。

ヴァルス氏の歴史観からすれば、公衆の面前でヌードになるのはフランスの伝統であり、自由のシンボルだということになる。完全なフランス人になるには、女性は胸を露出しなければいけないというのだ。

だが、マリアンヌがフランス共和国のシンボルとなった19世紀、ヌードはギリシャの神々や神話のヒロインを描いた絵画や彫像の形でしか受け入れられなかった。絵に描かれたマリアンヌやビーナスの裸の胸を見つめることは差し支えなかったが、実際の女性は足首の一部を露出することさえ不適切とされていた。

国は服装の自由に立ち入るべからず

今回の問題は、国家が特定の服装の着脱に関する是非を判断すべきなのかという点にある。フランスでの一般的な考え方は、人はプライベートで何を着ようが自由だが、公共の場では世俗的なルールに従うべきだというものだ。だが最近はこうしたルールがイスラム教徒に対し、より厳格に適用されているようだ。ブルキニを着た女性すべてが潜在的なテロリストだとは考えられないのだが。

イスラム教徒の女性から、スカーフを頭に巻いたり全身を覆ったりする選択肢を国家が奪う権利があるとの考え方に、私は疑問を呈したい。女性を権威主義から解放する最善の道は、学校やオフィス、そしてビーチで彼女たちが公共の生活を主体的に送れるよう力づけることである。

国家が共通のルールを強要すれば、当初は意図していなかった弊害につながるおそれがある。共通のアイデンティティに人々を縛りつけようとすれば抵抗も強まる。

スカーフを頭に巻いたり、あごひげを生やしたり、ボディスーツを着たりすることは、辱められた人がプライドを守る無害な手段になりうる。こうしたプライドや防御性を奪ってしまうと、即座に有害なことが起こりかねないのだ。

週刊東洋経済9月24日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT