「イスラム国」こそが、反イスラム思想である

当事者への取材によって浮かび上がったこと

彼らの多くが西側の武器を所持し、これらの武器で使用する銃弾や砲弾は自由シリア軍やクルド人武装組織からISが買っているという(写真:AP/アフロ)

イラクとシリアに跨るISの支配地域の内情がどの様なものであるのかは多くの謎に包まれている。メディアなどで語られる情報は反IS側の陣営によるプロパガンダ的な要素を含んだ物が多く、その内容のどこまでが真実であるのか釈然としない点も多い。IS側もこれまでジャーナリストを支配地域に入れる事を拒んできた。多くのジャーナリストがISの戦闘員に拘束され殺されている。

本書『「イスラム国」の内部へ:悪夢の10日間』はそんな状況の中で西側陣営のジャーナリストとして初めてISの指導者であるバグダーディーから正式に許可を得てIS支配地域を取材にしたドイツ人ジャーナリスト、トーデンヘーファーのルポタージュだ。

批判的精神を持ちつつ当事者双方の意見に耳を傾ける

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

ジャーナリストとしての著者の立ち位置は明確だ。事が起こった際には、批判的精神を持ちつつ当事者双方の意見に耳を傾けるというものだ。当たり前なように聞こえるがこれは本当に難しい事だろう。

日本の事を例にとって考えればわかるだろう。中国や北朝鮮などの国々と歴史認識や領土問題でもめている最中に、日本国内で中国や北朝鮮の考えを大々的に広めようとすれば、一部の人々から「裏切り者」「敵の理解者」として激しい攻撃にあうのは火を見るよりも明らかである。アサドやアルカイダの幹部に会い、その考えを西側諸国に伝えようとするトーデンヘーファーは母国ドイツで「独裁者の友」「アルカイダのスポークスマン」などと揶揄され脅迫メールなども多数送られてきているようだ。

著者のこのスタンスは裁判官として働いていた時に培われたという。弁護人の意見と検察の意見を聞くたびに気持ちが揺れる。真実はいったいどちらであるのか。判決を下す際にも、常に自分の判決が正しい物なのか自問し続けたという。著者は「善の枢軸」は「悪の枢軸」とは対話しないという、西側諸国のスタンスを批判する。

次ページ彼らはどんな思想を持っているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT