激安でO2Oができる? LINE@の衝撃

中小企業の救世主か。LINE@コンサルも登場

うどんミュージアムの担当者、石井真人氏は、LINE@の魅力を「お客様に喜んでいただける情報をリアルタイムに配信できる点。それも一人ひとりにダイレクトに届けられる。スタッフもLINEを通じて同じ内容を情報共有できる」と話す。

掲載した瞬間に電話が殺到するような媒体は、ほかにはないだろう。

この例のような“早い者勝ちキャンペーン”は、まさにLINEならではの企画だ。リアルタイムにスマートフォンにメッセージがプッシュ通知され、情報を見た消費者がそのままスマートフォンで電話をかける。LINEの強みはまさにここにある。

キャンペーンの結果、女子会以外の通常の宴会予約まで倍増したという。うどんミュージアムのイチ押しメニューである京懐石を認知してもらえた結果だと、石井氏はLINEの大きな宣伝効果を実感している。

比較的年配の世代に好まれやすいうどんだが、LINE@の効果で20~30代女性の利用客も多いという。

利用客に”迷惑がられない”ことが大事

冒頭で、従来の大企業向けの公式アカウントとLINE@の機能は基本的に同じと書いたが、詳細では異なる点もある。公式アカウントは友だち数に上限はないが、メッセージの配信数によって利用料金が上がる。それに対し、LINE@では、友だち数は上限1万人だが、メッセージは何通でも送り放題だ。

LINEの出澤剛取締役

LINE@のアカウントは、LINE上でカテゴリー一覧から探せる。利用者は、一覧から登録したい店舗などを選択し、タップすれば友だち登録完了となる。

前回述べたように、LINEのコンセプトのひとつは、コミュニケーションの質がエモーション(感情)であるということ。利用者の感情ひとつで、いらないメッセージはブロック(拒否)されてしまう。公式アカウント同様、利用者に迷惑がられないメッセージ配信をすることが重要だ。

うどんミュージアムの活用例のように、利用者にメリットがある内容で、基本的に配信頻度は週1回程度が望ましい、という。

飲食店の場合は、ランチ前や夕方を狙うのが効果的。LINEは、ジャストタイムで配信ができ、利用者もその多くは約30分以内に見ている。

次ページ新聞折込み、FBにない利点
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT