ヤフー、LINE対抗の秘策

検索結果と提携先サービスを連動へ

インターネット総合サービスで国内最大手のヤフーが、主力とする検索サービスを使って新たな取り組みを始めることが、明らかになった。ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」の検索結果に表示される上部スペースに、料理レシピサイト「クックパッド」、飲食店口コミサイト「食べログ」など提携するパートナー企業のサービスを表示して連動する仕組みを、今年中に導入する。

2月6日に開いた、ヤフーへの出資や提携を検討する企業向けの説明会で、初めて対外的に公表した。

自前主義から決別

ヤフーはYahoo!JAPANのトップページ左側に表示されるサービスをこれまで自前で展開してきたが、昨年4月の新執行体制移行後は、提携先企業のサービスと入れ替えている。

たとえば昨年6月には、料理レシピサイト「クックパッド」のクックパッドと業務提携を結び、自前で運営していた「Yahoo!レシピ」を閉鎖。同8月には、飲食店口コミサイト「食べログ」のカカクコムと業務提携を結び、位置情報「Yahoo!ロコ」のグルメコーナーの評価欄を刷新した。11月にはオフィス用品最大手のアスクルとネット通販「LOHACO(ロハコ)」を展開するなど、自ら「最強タッグ」と呼ぶ他社との連携戦略を進めている。

今回の決定は、これまでトップページに限定されていた外部パートナー企業との連携を、検索結果まで踏みこんで反映させるものだ。

次ページグーグルと同じ検索エンジン
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。