ヤフー、LINE対抗の秘策

検索結果と提携先サービスを連動へ

ヤフーは検索エンジンシステムの自社開発から撤退し、2010年からグーグルのシステムを採用しているため、「オーガニック(純粋)な検索結果はグーグルと差がない」(副社長兼最高執行責任者でYahoo!Japan全体を統括する川邊健太郎氏=右写真=)。

一方、スポンサードサーチと呼ばれる検索結果の上部スペースはヤフーが独自に作成できることから、ここの部分でパートナーの有力なサービスを盛り込めば、グーグルなど他のポータルサイトとの差別化になる。会社の大方針として掲げる「ユーザーに対する課題解決力の向上につながる」(川邊氏)わけだ。

具体的には、既にトップページで連携している「クックパッド」や「食べログ」のほか、ブログやQ&Aなど一般ユーザーが作成したコンテンツも表示する。ここには、同じく業務提携を結ぶユーザー参加型のハウツーサービス「nanapi(ナナピ)」(運営ナナピ)や、買収したカービューが運営する新車・中古車の総合情報サイト「carview(カービュー)の情報などを掲載する。

川邊氏は「店舗の満空情報や評判など、独自性の高いコンテンツを集めたい」と語り、連携するパートナーは今後も増える見通しだ。

LINE台頭に危機感、サービス充実度で差別化

ヤフーは1996年の創業来検索を手がける日本ネット業界の最古参。創業当時は検索結果で表示される外部サービスが充実しておらず、サービスを自前で開発してきた。いわば入り口から出口まで自前主義でポータルサイトを運営してきたが、「今やヤフーがやらなくても、良いサービスがいっぱい出てきた」(川邊氏)。

次ページ自前主義転換のきっかけは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT