ヤフー、LINE対抗の秘策

検索結果と提携先サービスを連動へ

自前主義転換のきっかけとなったのが、昨年4月の執行体制刷新だ。役員の平均年齢が53歳から41歳へ若返った勢いを武器に、サービスの再構築を猛烈に進めている。

スマホのポータル、ヤフーではない現実

1日のページビュー(PV)が23億6500万(13年1月、PCベース)といまだ絶大な存在感を誇るヤフーだが、SNSの台頭やスマートフォンの普及により、取り巻く環境は激変している。中でも、今年1月にユーザー1億人を突破したスマホ特化型の無料通話・無料メール「LINE(ライン)」は、ヤフー対抗の最右翼。ユーザーはパソコンでヤフーを見たとしても、LINEがスマホのポータル(玄関口)として主役になれば、ヤフーはシェアを奪われかねない状況にある。

カギを握るのは、サービスの充実度だ。今回初めて開催した事業提携・出資説明会は、こうした環境下でYahoo!JAPANの競争力を維持させる重要な意味を持つ。どれだけのスピードで実現に結びつけられるか。新体制移行から1年を目前に見せ場を迎えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT