節約だけでは、おカネは絶対に増やせない

貯金したいなら、すぐ実行すべき二つのこと

私は本当におカネを増やすのであれば、「節約」よりも「無駄をなくす」ことの方がはるかに重要だと考えています。

二つの「人生の無駄」をやめてしまえ!

では具体的にどうすれば無駄をなくせるかということですが、私は人生における最大の無駄は「保険の入り過ぎ」と「不必要なローンの利用」だと思います。

画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

入りすぎている保険を見直したり、ローンの借り換えや繰り上げ返済をすることによって、無駄な金利を減らしたりするほうが、すぐに何万円もの効果が表れるのです。

ですから、お風呂のお湯を再利用することなどよりも、無駄な保険やローンをやめて、その分を貯蓄や投資に回して長期に積立てていく方が、はるかに効果は高く、おカネは増えます。

ではなぜ、そういった無駄を見直すということをしっかりやらないかと言えば、それは「よくわからない」し、「面倒だから」です。人は何ごとにおいても“感覚的”に判断しがちで、論理的に考えたり、数字を検証したりするということが苦手なのです。結果として、あまり深く考えずにわかりやすい“節約”をしようとします。

よく真っ先に節約すべきやり玉に挙げられるのが「亭主の小遣い」というケースも多いようですが、通常、一家の主人というのは我が家に最大のキャッシュフローをもたらしてくれる存在であるはずです。そういう存在のモチベーションを下げるようなことは、どう考えても上策とは言えないでしょう。

なんでもかんでも節約という感覚にとらわれることなく、具体的な効果測定を検討しながら実行していくことが大切なのではないでしょうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT