「書を捨て、町に出よ」はおかしくないか?

読書と実務の正しいバランス

予備知識なく町に出ても、だらだらする

「書を捨てよ、町に出よう」というのは、そもそも書を読んでいる人に言っているのであって、書を読んでいない人がこのメッセージを額面どおり受け取って、いきなり現場に出るというのは何か違うと思います。

青臭い書生論は現場主義者から小馬鹿にされがちですが、そもそも青臭い書生論さえ貫けない人は、ストレッチできる幅は限定的ではないでしょうか。

世の中にある発想の大部分は、何もない状態から考えたというより、既存のものの組み合わせであったり、既存の仕組みにプラスアルファを加えたものだと思います。思いつく限り、自分や自分の身の回りで取り組まれたすべての新規事業は、例外なく既存事業の延長にありました。

そもそも新規事業に限らず、自分が知らないものは考えられません。報告もできませんし、指示もできません。意思決定もできません。

たとえばはやりの英語学習でもそうで、知らない単語は聞き取れません。語彙もないのにリスニングばかりやっても時間の無駄です。

そういう何もわからない状況、予備知識もない状況でとりあえず「町に出ても」、漫然とだらだらするだけではないかと感じます。

要するに「町に出る」ことも「書を捨てる」ことも頭ごなしに否定するつもりはないですが、ただしその前提として「書を読むことに没頭する」時期が必要だと思います。ビジネスでいえば、取り組む業務の座学であり勉強や分析です。

次ページまずは片っ端から情報集め
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT