「書を捨て、町に出よ」はおかしくないか?

読書と実務の正しいバランス

私の交渉が失敗した理由

もう1つは、(矛盾するようですが)勉強しすぎないことです。これこそまさに「書を捨てよ、町に出よう」の教えの本質そのものでもありますが、あまりに勉強しすぎると物事を固定的にしか見られなかったり、あるいは学んだ内容の中から答えを探す癖がついてしまいます。

何年か前のことですが、大小さまざまな交渉が必要な仕事があり、その中で交渉相手の情報や交渉術やノウハウに対する情報を、徹底的に収集したことがありました。そこでの一連の交渉では、あらゆる面で自分の思いどおりにいったのですが、最後の最後で交渉は決裂しました。

当時は決裂の理由がまったく理解できていなかったのですが、最近当時の交渉相手と会う機会がありました。このとき聞いたのは、私のああ言えばこう言うというテクニカルな交渉話法が、相手をとても不愉快にし、論破されたという印象が強かったとのことでした。要するに勉強していた交渉ノウハウにあまりに傾倒し、策におぼれたからでありました(そういう「負けるが勝ち」というノウハウも含めて交渉術かもしれませんが……)。

結局のところ、自分からにじみ出るべき誠意や気持ちという部分が抜けて、結局、うわべだけのノウハウに走った結果でした。

いくらマラソンの技術を勉強し、水泳の泳法を勉強しても、実際に走り始め、泳ぎ始めないと本当のところはわかりません。書物から学ぶことには限界があります。でも書物から学ばないのはもっと可能性を狭めるもので、だからこそまず書を読み、あくまでそのうえで「書を捨てよ、町に出よう」が生きた教えとなっていくものだと思います。

※ 本文は筆者の個人的見解であり所属する組織・団体を代表するものではありません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT