撤退続く幕張にイオンがあえて出店するワケ

総力を結集し11月に首都圏3位の巨大商業施設を建設へ

「イオンモール幕張新都心」は「夢が生まれる場所」をコンセプトとし、単なる物販だけでなく「体験」できるのが特長。それぞれ、A棟は憩いやライフスタイルを感じるおしゃれな環境で心を満たす「大人のためのライフスタイルモール」、B棟は日本最大級の規模と内容の「ペットためのライフスタイルモール」、C棟は「スパ&ビューティーゾーン」として温泉・サウナ、エステなど美と健康をテーマとした温浴施設、D棟は「キッズ・ファミリーのためのライフスタイル」として教育と娯楽を融合したエデュテインメント施設、E棟は「スポーツのためのライフスタイル」として日本最大級の総合スポーツ&サイクルゾーンと家電ゾーンになる。

他の商業施設にはないコンテンツとして注目されるのが、アニメ、ゲームなどサブカルチャーなどを詰め込んだゾーン、教育と娯楽を融合したエデュテインメント施設、本格的なアスリートにも対応したショップとフィールド、ホテルから病院・リハビリまですべてがそろうペットパーク、そして本格的な温泉施設だろう。

現在、テナントとして公表されているのがD棟の3階(2500平方メートル)に入居する予定の「Kandu Kafe」。米国フロリダ州の企業が開発した親子で楽しめるテーマパークで、日本初進出となる。子供がさまざまな職業をロールプレイで体験し、擬似通貨で社会の仕組みを知ることができるもので、3~15歳の子供と保護者が対象。職業の種類として警察署、銀行、飛行機、劇場など約30があり、それぞれのパビリオンで仕事の疑似体験ができる。施設の中心部には子供の食生活提案型レストランが併設され、入場料は1000円前後、年間40万人の来場者を想定している。

新都心の未来を懸けた案件か

都心から約30キロメートルに位置する「幕張新都心」。始まりは戦後の食料増産のための埋立地(1945年)で、その後は中小工場用地、次に計画人口24万人の海浜ニュータウン(67年)、首都機能を分散する業務機能(75年)と次々を計画が変更された経緯を持つ。やっと都市整備基本計画が決まったのが85年。88年から業務地区の分譲が開始されたが、地価高騰のバブル期ということもあり、賃料が安く都心から1時間以内ということで、次々と新都心に企業が進出した。

しかし、バブル崩壊で幕張新都心をめぐる環境は激変、進出企業は撤退へ。幕張新都心の顔である「幕張メッセ」(89年オープン)も、その後「東京ビッグサイト」や「東京国際フォーラム」の登場で競争力は低下。新都心の計画就業者人口15万人は4.7万人にとどまり、夜はゴーストタウンと揶揄されるように街のにぎわいもない。新都心への唯一の公共交通・JR京葉線は運行本数が少なく、臨海部のため強風でよく止まるなど、数々の問題点がネックとなり、新都市発展のブレーキとなっている。

次ページ幕張新都心には明るい材料だが・・・
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。