撤退続く幕張にイオンがあえて出店するワケ

総力を結集し11月に首都圏3位の巨大商業施設を建設へ

こうした中、今回の巨大商業施設は「幕張新都心」にとって街の活性化につながる明るい材料だ。「幕張新都心」から退散する企業を尻目に、本社ビルの建設(94年)、グループ企業を集約するため隣接する幕張東京海上ビルの買収(2011年)、そしてグループの旗艦店建設と、「幕張新都心」に巨額の資金をつぎ込み続けるイオン。「イオンモール幕張新都心」はイオングループ、そして「幕張新都心」の未来を懸けた案件となるかもしれない。

■全国大型小売店総覧
百貨店・大型スーパーからHC、アウトレットモールまで、全国のあらゆる大型店舗(店舗面積1000㎡超)を網羅した国内唯一で最大のデータベース。
商圏分析や新店計画、都市再開発などに不可欠な最新情報を満載。

紙版はこちら
データ版はこちら

 

トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。