よしもと+イオンでエンタメはどう変わる?

国内最大級のSCにお笑い劇場を作ったワケ

12月16日の内覧会には、天津木村(左)、くまだまさし(右)らが登場した(撮影:尾形文繁)

吉本興業(以下、よしもと)とイオンが組むと、どんな化学反応が生まれるのか。

12月20日、千葉市美浜区の幕張新都心に国内最大級のショッピングセンター「イオンモール幕張新都心」がオープンする。従来型のSCが商品の販売する「モノ消費」に重点を置いてきたのに対し、イオンの新旗艦店は客にさまざまな体験を提供する「コト消費」を前面に押し出している。

その目玉の1つとなるのが、よしもとが運営する「よしもと幕張イオンモール劇場」だ。客席数は301。既存の劇場はお笑いライブが中心だったが、幕張は「参加型」の劇場となる。

その代表例が、「MAKUHARI CULTURE SMILE CLUB」と題したカルチャースクールの立ち上げだ。COWCOWの「あたりまえ体操で人気者になろう!」やFUJIWARAの「オリジナルギャグで人気者になろう!」など、観客参加型の「笑楽校」の特別授業が開かれる。これは各界の著名人やタレントが先生となり、子どもたちが遊びながら学ぶイベント。今年の夏に表参道ヒルズで開催したところ、好評だったという。

また、「ベビーサインレッスン講座」「ベビーマッサージ講座」といった、より実践的なイベントも用意されている。さらに、モール内のテナント企業とのコラボレーションによるイベントも予定している。

次ページイオンと組んだ、よしもとの狙い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT