ガソリン価格、千葉県が全国最安なワケ

ドライバー泣かせの価格高騰はいつまで続くのか

千葉市内のセルフガソリンスタンド。周辺を車で走ったがここがもっとも安かった

8月末の週末、東京都江戸川区の自宅から、自転車に乗って近所へ買い物に出かけたところ、曲がりくねった細い一般道で、車が長い列をなしているのが目に付いた。

「何だろう?」と思い、列の先まで行ってみて納得した。小規模のセルフガソリンスタンドで、レギュラーガソリンが1リットル149円で売られていたからだ。都内で目にするそれは150円台が多い。これは安い。ひっきりなしに車が出入りするうえ、空きを待つたくさんの車が道にはみ出していることが、渋滞の原因だった。

昨年後半からの円安や原油相場の上昇もあり、ガソリン価格は直近、昨年7月の140円前後を底に、ジワジワと上昇してきた。資源エネルギー庁が毎週発表する給油所小売価格調査によると、9月9日時点のレギュラーガソリンの全国平均価格(店頭現金価格・消費税込み)は1リットル161.4円と、ここ2週間連続で値上がりしている。

1年前の全国平均価格は148円。足元では1割近く上昇している。直近、消費者物価指数は6~7月にかけて2カ月連続でプラスだが、上昇の寄与度が高いのが電気代とガソリン価格だ。

千葉県と長崎県でガソリンは10円の差

小売価格調査から最高値と最安値の都道府県を調べると、最も高い県は長崎県でレギュラー1リットルが167円、最も安い県は千葉県で156.9円と、両県で10円の開きがある。

次ページ長崎県はなぜ高い?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT