新型「フィット」vs.「アクア」を徹底比較

ホンダがHVシステム刷新で、燃費“世界一”を奪取

2011年末。日本の自動車業界に“彗星”のごとく現れたのが「アクア」。トヨタ自動車が満を持して投入したハイブリッド専用のコンパクトカーだ。エンジンとモーターを併用するHVシステムの最新進化によって、ガソリン1リットル当たり35.4キロメートル(35.4km/L、JC08モード、以下すべて同じ)という世界最高水準の燃費性能を達成。エコカー補助金などの追い風も受けヒットしている。2012年度(12年4月~13年3月)は約28万台を売り、軽自動車を除く国内登録車の車名別販売ランキングで、同じトヨタのHV専用車「プリウス」を押さえて1位に輝いた。

一方、アクアの登場まで軽自動車を除くコンパクトカー部門で、近年トップの座に居たのがホンダの「フィット」だ。2001年に鮮烈なデビューを果たし、翌年はそれまで国内登録車販売で33年連続首位だったトヨタ「カローラ」を、王座から引きずり下ろした実績を持つ。フィットは07年に2代目へ移行。プリウスという王者の存在はありながらも、近年は国内登録車ではトップ2の常連だったが、12年度は約17万台と3位に落ち、アクアに10万台以上の差をつけられた。

このままでは済まされない――。これが本音であろう。そんなホンダの逆襲が始まった。

「魔法のような燃費と走りを実現した」。

“魔法の王国”にあやかる

9月5日、千葉・舞浜の東京ディズニーリゾート内に立地する舞浜アンフィシアター。ホンダの伊藤孝紳社長は、ウォルト・ディズニーが創り上げた魔法の王国になぞらえて、翌6日から全国で発売する新型フィットの誕生を宣言した。

次ページ新型フィットHVが遂げた究極の進化とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT