トヨタ「クラウン マジェスタ」の葛藤

レクサスともせめぎ合う“最高峰”、6代目に刷新

マジェスタシリーズは一時、王冠マークを外したが、今回のモデルから復活した

クラウン マジェスタ――。トヨタ自動車の看板車種「クラウン」の最上級仕様であり、標準の「ロイヤル」「アスリート」に比べて、長いホイールベース(前後タイヤの間隔)や専用パワートレイン(エンジンなどの動力系統)、最新鋭装備などを備えた高級車だ。

1991年にクラウン初のモノコックボディ(一体成形の車体構造)で登場した初代から数えて6代目。マジェスタが最新モデルに生まれ変わった。

ハイブリッド専用車に生まれ変わる

トヨタは9月9日、新型クラウン マジェスタを全国のトヨタ店(東京地区のみトヨペット店も含む)を通じて発売した。昨年12月に全面改良(フルモデルチェンジ)したクラウンをベースに、車体前部のグリルはマジェスタ伝統の縦型バーを並べ、中央部分にはクラウンシリーズの特徴である王冠マークを配し、威厳と風格を演出。ホイールベースをベース車から75ミリメートル延ばして室内空間を大きく広げるとともに、排気量3500ccのV型6気筒(V6)エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載した。

このパワートレインは、トヨタの高級車ブランド「レクサス」の上級車種の一つである「GS」シリーズのHV仕様「GS450h」と基本設計は同じだが、マジェスタ用に味付けした。マジェスタの従来モデルにあったV8エンジン仕様(4000cc)は廃止して、新型はHV専用車となった。

次ページ新型マジェスタに早速「乗ってみた」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。