トヨタ「クラウン マジェスタ」の葛藤

レクサスともせめぎ合う“最高峰”、6代目に刷新

既存客はレクサスにグレードアップかダウンサイジング

河野氏によれば、マジェスタから他車種に乗り換えるユーザーの傾向は、「レクサスの上位車種に(グレードアップ)するか、マジェスタよりも小さな車にダウンサイジングする(乗り換える)傾向がある。輸入車にはあまり行かない。高齢ユーザーが多いためかもしれない」という。

マジェスタはトヨタの“最高峰”でありながら、販売は既存客の乗り換えが中心で新規客の開拓はあまり進まず、レクサスという「内なる敵」ともせめぎ合っている。それでも車両本体価格600万円を超える高額車が、月に数百台も売れるというのはトヨタにとって貴重な収益源。車としては完成度の高いマジェスタだが、基本方針は「攻めではなく守り」。何とも悩ましい立ち位置にいる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT