新型「フィット」vs.「アクア」を徹底比較

ホンダがHVシステム刷新で、燃費“世界一”を奪取

フルモデルチェンジ(全面改良)で3代目に生まれ変わった新型フィットは、内外装はもちろん、エンジン、トランスミッション、プラットフォーム(車台)など、すべてを刷新。中でも、「魔法のようなシステム」と伊東社長が胸を張るのが、36.4km/Lを達成したHV仕様だ。アクアを抜くべく、「世界一を目指した」(伊東社長)ホンダの意地を示す進化を遂げた。

旧型フィットのHVシステムは、エンジンとモーターが直結している構造になっていたため、発進も加速も高速巡航も、常に両方が連動して駆動する状態になっていた。トヨタのHVシステムは2モーター方式で、エンジンを停止しながらもモーターの力で発進できるという特徴が、燃費性能の良さにつながっていた。

エンジンとモーターを必要に応じて切り離す

ホンダは新型フィットHVで従来システムの弱点を解消。エンジンとモーターを必要に応じて切り離す機構を入れ、発進時はモーターのみ、加速や減速時は両方、高速巡航時はエンジンのみ、といった使い分けができるようになり、大幅に燃費を上げることに成功した。

そもそも初代フィットは、それまで車体後部(リア)に位置するのが当たり前だったガソリンタンクを、車体中央(センター)に配置するセンタータンクレイアウトを採用。小さな車体で最大限の居住空間を実現するなどの商品性や、優れたデザインなどが高い評価を受けている。日本だけでなく120カ国を超える全世界で販売し、これまでの累計販売台数は487万台にも上る。

「FIT3」を銘打った3代目は、世界最高水準の燃費性能をはじめ、「クルマづくりの常識を覆した」(伊東社長)初代と同様に、自動車業界に大きなインパクトを与える車となりそうだ。日本を皮切りに全世界へと展開し、「2016年には年間150万台の世界販売を目指す」と伊東社長の鼻息は荒い。

次ページ事前受注の実績は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。