新型「フィット」vs.「アクア」を徹底比較

ホンダがHVシステム刷新で、燃費“世界一”を奪取

ホンダの伊東孝紳社長

走りはどうか。こればかりは乗ってみないと正確なことは分からないが、スペックから少しは推し量ることもできる。そもそもHVの特徴は、エンジンとモーターが得意とするところを、それぞれ補完し合うことで、燃費や走行性能を高める仕組みにある。エンジンは低速回転での燃費が悪いが、回転数を一定に保てば効率はいい。一方、モーターは発進や加速に必要なトルクを、ゼロの状態からいきなり出せるので、出足に効く。

新型フィットHVは高速性能に利点か

この点で見ると、エンジンの最高出力はフィットのほうが大きく、アクアのほうがモーターのパワーが高いことから、高速性能はフィットのほうが優れ、出足はアクアのほうが力を感じる特性ではないかと、想定される。このあたりは、実際に乗ってみたユーザーの好み次第の部分といえるだろう。

燃費性能で世界トップに躍り出た新型フィットHV。とはいえ、HV王者のトヨタが黙って見過ごすはずはない。当然、次期プリウスやアクアでは当然のように新型フィットの燃費性能を上回るだろう。「今日から次のクルマ作りを始める」と語る伊東社長。日本勢を中心としたHV競争は今後も過熱していく。

(撮影:梅谷 秀司)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。