新型「フィット」vs.「アクア」を徹底比較

ホンダがHVシステム刷新で、燃費“世界一”を奪取

ホンダの伊東孝紳社長

走りはどうか。こればかりは乗ってみないと正確なことは分からないが、スペックから少しは推し量ることもできる。そもそもHVの特徴は、エンジンとモーターが得意とするところを、それぞれ補完し合うことで、燃費や走行性能を高める仕組みにある。エンジンは低速回転での燃費が悪いが、回転数を一定に保てば効率はいい。一方、モーターは発進や加速に必要なトルクを、ゼロの状態からいきなり出せるので、出足に効く。

新型フィットHVは高速性能に利点か

この点で見ると、エンジンの最高出力はフィットのほうが大きく、アクアのほうがモーターのパワーが高いことから、高速性能はフィットのほうが優れ、出足はアクアのほうが力を感じる特性ではないかと、想定される。このあたりは、実際に乗ってみたユーザーの好み次第の部分といえるだろう。

燃費性能で世界トップに躍り出た新型フィットHV。とはいえ、HV王者のトヨタが黙って見過ごすはずはない。当然、次期プリウスやアクアでは当然のように新型フィットの燃費性能を上回るだろう。「今日から次のクルマ作りを始める」と語る伊東社長。日本勢を中心としたHV競争は今後も過熱していく。

(撮影:梅谷 秀司)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。