債券相場と為替・株式相場の矛盾は長期化 市場動向を読む(債券・金利)

印刷
A
A

「美人投票」である以上、投票者のサンプルが異なれば、その結果が異なってくることに何ら不思議はない。また、別の形での質問も少なくない。すなわち、いずれJGB市場が「インフレ率の上昇」を急激に織り込み始めれば大幅なベア・スティープ化(金利の急上昇を見込み、イールドカーブが急勾配になること)を招き、財政危機を引き起こすことになるのではないか、と。

これに対する答えは、JGBの「美人投票」が、ファンダメンタルズの実績がCPIの大幅上昇になる、という結果を示さない限り変らない。むしろ、為替、株式市場における「投機」を日銀が途切れることなく促し続けることの結果として、JGB市場に加わる金利低下圧力は需給的な要因から徐々に強まっていくのではないか。そうであれば、JGB市場と為替、株式市場とは、今後も長期間にわたって別の途を歩んでいく可能性が高いだろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT