DIC、ソーダ味アイスの青色を生む「藻」の技術

後発のM&A巧者が勝ち取った世界トップの座

ソーダ味アイスの多くは、食用藻スピルリナから採った青色の色素を使っている

スピルリナは緑色の藻だが、「リナブルー」と呼ばれる青色の色素も採れる。ソーダ味のアイスキャンディは涼しげな青色をしているが、その多くでDICがスピルリナから採った青色色素が使われている。

DICは約30年前に大量栽培技術を確立し、いまや世界最大のスピルリナメーカーとなっている。米国で、天然由来の食品向け青色色素を生産できるのはDICだけ。今秋にはカリフォルニアに工場を新設し、さらなる需要増に応える。

パンの袋が開けやすくなったワケ

このほか、パンの袋などに使われる多層フィルムも、DICが多角化で成功した成長著しい1品だ。かつてパンやお菓子の袋は、なかなか開かず、思いきり引っ張って中身が飛び散ってしまうことがあった。しかしDICは、3つ以上の層からなる多層フィルムを開発。袋を開けるとき、接着層だけが簡単に剥がれるようにし、力を入れなくてもきれいに開けられるようにした。

多層なので、さまざまな機能を持たせることもできる。接着のほか、防湿性、酸素遮断性、保香性などの機能を各層のフィルムに持たせ、食品が求める複数のニーズに応える。DICは1970年代に、国内で初めて共押出という製法を用いた多層フィルムを開発。2014年には密封性や防曇性(くもり止め)を高めて総菜の賞味期限延長に寄与するなど性能向上を続け、多層フィルムの売り上げは拡大を続けている。

DICは、これらの多角化部門を伸ばしつつ、インキ部門の合理化を進めることで、創業110周年になる2018年に売上高9600億円(2015年比17%増)、営業利益650億円(同27%増)を目指している。同時に3年間で1500億円のM&Aを含む戦略的投資を予定している。巨額買収の失敗事例は後を絶たないが、DICは「30年間のノウハウがある」。心配ご無用というわけだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT